Cuisinier
2012,1,15 / blog

料理人田中智也、函館生まれ。お洒落上手でクール。バルセロナにある「サグラタ゜・ファミリア」を観たいとの想いを持つロマンチスト。曲がったコトが大嫌いという頑固な一面も持ち合せる。飽きっぽい性格と短気な性格が交差していたため、中学時代は、反抗的であったとのこと(本人談)。なんとなく進んだ調理師の道であったが、次々に同期の友人が調理師の道を諦めていくのを目の当たりとし、簡単に諦めるわけにはいかないと覚悟を決めブランヴェールキュイジニエ六年目、現在に至る。昨年より料理の仕込みに加え、デザートの仕込み、新人教育も任せられ悪戦苦闘中。 「我慢と努力はカッコ悪い」との現代っ子的考えを持ち合せていたが、「我慢と努力が人生には必要である」ということに気が付く。「やって見せる」「言って聞かせる」「コミュニケーションをとる」等の新人教育を模索する中、料理人としての器が育ちつつ・・・、今後が楽しみな26歳。今年の目標は、任せられる仕事を増やしつつ、人との輪も大切にしていきたいと想っている。マダム(田中智恵)と名前が似ていることが不満であり、息子に間違われるたびに「他人です」と答える事に小さな至福を感じている。

Leave Your Response
Name
Email
Website
Comment