今、ここにある未来
2012,6,10 / blog

先日、はじめて参加した「南北海道自然エネルギープロジェクト」でサティシュ・クマール氏の「今、ここにある未来」のDVDを拝見致しました。

今の世界は、不安と恐怖、不正に満ちており、家族や人とのつながり、大地や川や森などの自然が「豊かさ」であったことを忘れ、計量できるもの(お金)が豊かさだと思う様になってしまっていることが残念だと・・・。不安と恐怖、不正が争いを生むのだそうです。畑には、野菜や果物や、花やハーヴだけではなく、トゲや毒を持ったものもあるが、よい庭師は、トゲや毒を抜き取って堆肥にするそうです。人生にも、とげとげしい怒りがわき起こることがあるが、その怒りを堆肥にして愛の種を育てる事が大切であると・・・。だれもが想いやりの心に満ちたとき、国や文化が違っても「人」が深いところで感じる想いは、時空を超えて感じあうコトができるのだ想いました。争いのない平和な世界になりますように・・・。豊かな自然が守られますように・・・。

平和のためにできること? 先ず自分が平和に生きることなんだそうです。

世界の問題を解決する第一歩は?  今日の食事を大切にする事なんだそうです。

サティシュ・クマール Satish Kumar

インド生まれの思想家。E.F.シューマッハとガンジーの思想を引き継ぎ、イギリスにスモールスクールとシューマッハカレッジを創設。エコロジー&スピリチュアル雑誌「リサージェンス」編集長を務めながら、世界中で講演を行う。現代のガンジーと呼ばれている。

Leave Your Response
Name
Email
Website
Comment