about - 美味しい時間を過ごして頂くために、私たちにはお伝えしたい想いがあります。
「お客様には、美味しい料理を味わいながら、リラックスして楽しく特別な時間を過ごして頂きたい。」私たちの想いはシンプルです。そこに、「フレンチだから、こうあるべき」というこだわりはありません。いかにお客様にご満足頂けるかどうか。フレンチに対する、敷居の高さを払拭して、どんな方にも楽しんで頂きたい。そう願っております。
店名のBlanc Vertとはフランス語で白を表す「Blanc」と、緑を表す「Vert」から。中庭では、真っ白な雪が降り積もる時、雪がとけて木々が緑に色づく時、自然のBlanc Vertを感じて頂けることでしょう。都会のフランス料理店では決して見ることの出来ないこの風景を眺めながら、お食事をお楽しみください。
dishes
フレンチの型にはまらない美味しさを。
美味しさのためなら、フレンチの食材だけにはこだわりません。いちばんの美味しさを味わってほしくて。
service
ひとりひとりに向き合う心遣いを。
気持ちを込めたおもてなしと、ひとりひとりのお客様にあわせた心の通うサービスを目指しています。
space
五感に響く空間で。
小樽の美術家の作品。季節の花。時間帯で変わる音楽。庭から吹き込む風。すべては料理を美味しくする演出です。
symbol tree - この木の大きさは、Blanc Vertの歴史でもあります。
お料理を待つ間、庭に目をやると飛び込んでくる大きな緑。オープン当時は、2mほどだったこの木も、Blanc Vertの大きなシンボルツリーに育ちました。シェフが一目惚れした唐檜(トウヒ)という木です。木々をはじめ、庭のすべてを、スタッフ皆で手入れをして、お客様をお迎えいたします。
art - この作品にあわせて、部屋の内装を決めました。
小樽在住の美術家、大畠裕氏。粘土を塗ったキャンバスを建物の壁や路面に密着させて擦り取って制作する彼の作品は、Blanc Vertの雰囲気をつくるのに欠かせないものです。実は、彼の作品に惚れ込んだシェフが、この作品に合う額装を決めてから、その雰囲気にあうように店内の内装を決めたほど。美しいものと、美味しいものとの相性は良いのかもしれません。芸術に囲まれながら、特別な時間をお過ごしください。
画家 大畠 裕
1946年小樽市生まれ。小樽在住。アトリエを構える小樽を始めとして、釜山、N.Y、パリ、ヴェネチアで個展を多数開催。
salon - Blanc Vertの「別邸」で、
フレンチにもっとリラックスを。もっと自由を。
「Blanc Vert」の隣には「Salon」という別邸があります。そこは、フレンチをもっと自由にあなたらしく楽しむ場所。たとえば、親しいお友達を招いての会食など、個室感覚でご利用頂けます。
staffs